川崎市からの引っ越し費用を半額にした方法とは?

川崎市から引っ越し予定がある人には、一括見積サイトを使うことをおすすめします。

 

川崎市の風景

 

業者を比較し価格競争を起こすだけで、川崎市から横浜市への引っ越し費用が「半額」になるほどのインパクトがあります!

 

これを1つの業者ずつ、個人で連絡してやりとりするのは、非常に時間と効率が悪い…。

 

同じ情報を何度も何度も伝えてやり取りするのは、非常に消耗します。

 

そこで一括見積サイトの出番というわけですが、こちらを利用すれば1度の入力で複数の業者にアプローチできます。

 

個人で1社ずつ問い合わせれば、業者側も比較されていない前提で、最初の見積もり額も「強気」になりがちです。

 

スタート時点から高めの値段設定になりやすいということです。

 

それが、一括見積サイトを使えば、アプローチしたスタートの段階から業者は比較されていることを分かったうえで、見積もり額を提示してくれるわけです。

 

業者は出来るだけ契約を取りたい為、他社の値段を意識した上で見積額を提示してくれます。

 

おのずと、値段設定は低くなるというわけです。

 

今回は見積もりサイトの中でも特に選ばれている「引越し価格ガイド」を使うメリットを3つ取り上げます。

 

様々な引越し業者の情報がチェックできる

 

日本国内には多数の引っ越し業者が存在し、全国展開している大手が人気を博しています。

 

また地域密着型の中小規模の業者も存在します。

 

引越し価格ガイドは、全国の260社以上の業者と提携しています。

 

つまり利用者にはそれだけの数の選択肢があり、様々な情報をチェックできる機会があるのです。

 

根気強く探していれば、自分に合った業者が見つかるでしょう。

 

自宅にいながら利用できる

 

相談のためにいちいち業者の窓口を訪れていては、時間がかかり面倒ではないでしょうか。

 

引越し価格ガイドはインターネット上のサービスであり、利用のために外に出る必要はありません。

 

インターネット環境が整っていれば、部屋の中にあるパソコンから情報をチェックできます。

 

天候が悪い日でも通信さえできれば、外の様子を気にせずに利用できるでしょう。

 

スマートフォンを持っている人は、外出先から情報をチェックすることもできます。

 

運営会社が引っ越し業界に強い

 

引っ越し比較ガイドの運営会社の特徴をまとめると、以下の通りです。

 

  • 2006年からサイトの運営を行っている
  • 複数の業者とのコネクションを持つ
  • 2013年の時点で引っ越し紹介数が1,000万件を超える

 

業界内でも知名度のある会社によって運営されており、海外の引っ越しにも対応しています。

 

引っ越し業者と利用者をつなぐパイプ役として、大きな存在であると言えるでしょう。

 

直接業者の相談窓口を訪れて話を聞くよりも、引っ越し比較ガイドを使った方が時間の短縮になるでしょう。

 

運営会社の企業努力により新しい情報が更新されているため、引っ越しの予定がある人は小まめにチェックすることをおすすめします。

 

引越し価格ガイド【公式HP】
引越し見積もり

 

こういったニーズの人には、別の見積もりサイトが選ばれています!
  • 出来るだけ業者との値段交渉などしたくない!
  • 相場よりも安ければ最安値じゃなくてもOK!
  • 複数業者の電話対応をしたくない

 

見積もりサイトに登録すると、だいたいその地域でピッタリ合った業者10社程度から連絡が来ます。

 

その中から、見積額が安かったり、サービス内容が良いと感じた業者を2〜5社ほどピックアップして、訪問見積もりという流れになるのが一般的です。

 

ただ、中には業者から電話がかかってくるのは面倒だ…。

 

訪問見積もりも1社だけでいいよ…。

 

そういった方もおられるでしょう。

 

それなら、最初から1社だけ自分で連絡して訪問見積もりをすれば良いという話ですが、その場合だと間違いなく足元を見られて割高な値段設定となりがちです。

 

費用は割安で、かつ面倒なやり取りはしたくない!

 

そういったニーズの方には、「引越しラクっとNAVI」が大人気です。

 

こちらは、一度だけサポートセンターに引っ越しの情報を伝えるだけで、あとは専属のコンシェルジュが業者との値段設定のやり取りを代行してくれます!

 

これを使えば、単独で個人で依頼する場合と違い、業者を比較する「相(あい)見積もり」という形で業者に依頼できますので、引っ越し費用が割高に設定されることはありません。

 

面倒なやり取りは専属のコンシェルジュが代行してくれるので楽ちんです!

 

ただし、上記の引っ越し価格ガイドとは違って、最安値を狙うのであれば不向きです。

 

あくまで、割安程度の価格ならOK!割高で損しなければOK!というニーズの人向きのサービスとなります。

 

引越しラクっとNAVI 【公式HP】

 

引っ越し業者選びのコツとは?

引っ越しはいきなり荷物を運び出すものではなく、様々な手続きや準備を済ませてから行うものです。

 

段ボール梱包

 

まず引っ越しをすることを決めているのであれば、業者探しが必要になります。

 

どのような業者が良いか、よく考えておきましょう。

 

業者はどこも同じではない

 

様々な引っ越し業者が存在しますが、実績やサービス内容に差があります。

 

実績で言えば新しい業者より老舗の方が有利であり、長く営業している分利用された数も多いでしょう。

 

しかし老舗が必ず良いというわけではなく、新しい業者の方が使い勝手が良いという場合もあります。

 

また一人暮らしのために引っ越しを検討している場合、一人暮らし用のサービスがある業者が向いています。

 

引っ越し業者はどこも同じだと考えていると、利用後に困ってしまうかもしれません。

 

自分に合った業者を探すことは、引っ越しを成功させるための基本中の基本と言えるでしょう。

 

業者の情報を小まめにチェックし、利用するところを決めてください。

 

業者探しのポイントとは?

 

これから引っ越し業者を探す場合、次のようなポイントを意識してみてください。

 

  1. 料金設定が適切か
  2. 自分の用途に合ったサービスがあるか
  3. 業者の規模が自分に合っているか
  4. 見積もりサービスがあるか

 

不当な業者であれば、料金を高めに設定しているでしょう。

 

複数の業者を比較して料金の高さに違和感がある場合、軽い気持ちで利用しない方が良いです。

 

これは異常に安すぎる場合も同様ですね。

 

一人暮らし用や家族用のメニューなど、用途に合わせて利用できるかも重要です。

 

業者の規模も重要で、たとえば遠く離れたところへ引っ越す場合は全国規模の大手業者をおすすめします。

 

そして予算を組み立てやすくするために、見積もりサービスがあるところが良いでしょう。

 

以上の内容を意識して引っ越し業者を探せば、トラブルを回避できるのではないでしょうか。

 

大切な荷物を預けるのであれば問題のない優良業者に相談し、不安なことがあれば遠慮せず質問してください。

改めてお世話になった川崎市の魅力を確認しておこう!

引っ越し先として住みやすい地域を探している人は、川崎市をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

7区の行政区を持つ政令指令都市であり、面積は小さいですが人口は約151万人と多いです。

 

新しい生活を始めるつもりであれば、事前に川崎市の特徴や魅力を理解しておくと良いでしょう。

 

財政状況が良い川崎市

 

地方公共団体の財政状況を指標化した財政力指数というものがあります。

 

川崎市は2017年に財政力指数が1.0となり、政令指定都市の中では最も財政力がある都市でした。

 

数値が1.0以上であれば税収入などを財源とし、円滑な行政ができるとされています。

 

そのため川崎市のここ数年間のデータをチェックすると、財政状況に関しては申し分ないかもしれません。

 

引っ越し先の財政状況が悪ければ、新生活を安心して向けることは難しいのではないでしょうか。

 

川崎市はそうした意味で安心であり、今後も行政がきちんと機能していれば住みやすいかもしれません。

 

川崎市へ引っ越す魅力とは?

 

住んでみて思う引っ越し先としての川崎市の魅力は、大きく挙げると以下になります。

 

  • 大きな駅と商業施設がある
  • 東京都のベッドタウンとしても人気
  • 若者文化の発信に積極的である

 

川崎市には川崎駅があり、大きな商業施設と一体化しています。

 

その中には飲食店や洋服店などがあり、移動や娯楽に関しては退屈しないでしょう。

 

また川崎市は東京都のベッドタウンでもあり、東京駅まで乗り換え不要で移動できます。

 

川崎市から通勤通学し、東京で活動することもできるでしょう。

 

また川崎市は2018年11月に、若者文化の発信に関する基本方針を策定しています。

 

首都である東京都とは異なる文化の中心地として、今後注目されることでしょう。

 

若者を意識した街づくりが意識されている川崎市は、雑誌やネットなどで取り上げられることもあります。

 

人が多く集まる場所には何かしらの施設があるため、田舎から都市へ移住したい人に最適かもしれません。

ページの先頭へ戻る